噛み合わせを考慮

歯ブラシ

事故や老化などが原因でアゴの骨が変形をしてしまった人は、噛み合わせ調整の為にインプラントを利用されるという方も珍しくありません。 噛み合わせの悪さというのは入れ歯などを作ったとしても改善されない可能性もある為に、もし入れ歯を作っても自分に合わなかったらどうしようと考える方も居られるのです。 そういう方が確実性と安心感を求めてインプラントを選び、骨の状態ををしっかりと診断してもらってから、噛み合わせの改善を目指しています。 インプラントはブラッシングなどにも強いというのも人気の理由であり、しっかりと食べ物を噛んで食事を終えてから、歯ブラシでスムーズに歯を磨けるという流れを取り戻す事が可能です。 口の中に埋め込むインプラントは耐久性に優れている物が多いからこそ、少し強い力で磨いたぐらいでも問題はありません。

インプラントとは抜けた歯の部分に人工の歯根を埋め込み、その上に歯をかぶせる治療法のことです。歯根は顎の骨に直接埋め込みますので、がたがた動いたりしなくなります。そのおかげで堅いものを食べることもできますしその感覚も自分の歯で食べているのとほぼ変わりない自然なものです。また見た目も自分の歯とほぼ同じになります。 歯が抜けた場合、インプラント以外の対処法としては、入れ歯やブリッジという方法があります。入れ歯はインプラントと違い取り外しすることができるので手入れがしやすい一方、噛む力が弱くなります。 ブリッジは隣り合う健康な歯を支えに固定するので噛む力は入れ歯より強くなりますが、支えとなる歯を削る必要があることと支えの歯に大きな負担がかかります。インプラントなら抜けた部分だけの治療になるので他の歯を削ることはありません。