長期の治療

デンタルフロス

最近流行りのインプラント治療の施術について説明します。インプラント治療とは、抜歯したり抜け落ちてしまった歯の代わりに、人工歯を歯槽骨に取り付ける治療法のことです。 具体的に言うと、歯槽骨に純正のチタンやチタン合金でできたフィクスチャーを埋め込みます。フィクスチャーは人工歯根とも呼ばれ、ねじ込み式のものが主流になっています。そして、数か月間フィクスチャーと歯槽骨が定着するのを待つのです。ですから、インプラント治療には長期間が必要なのです。 フィクスチャーと歯槽骨が十分に結合したら、今度はフィクスチャーにアバットメントと呼ばれる部品を取り付けることになります。そして、アバットメントに人工歯を取り付けて完成するのです。

インプラント治療は、自然に近い仕上がりになり、お手入れもあまり必要無いことから大変人気の高い治療法です。しかし、健康保険が適用できませんから、かなり高額な治療費が必要になってきます。調べによると、インプラント治療にかかる治療費は、1本当たり30万円以上すると言われています。 これだけの治療費がかかるのには理由があって、インプラント治療に用いるフィクスチャーやアバットメント、さらにセラミックなどでできた人工歯はとても高価な部品なのです。それに、インプラント治療に必要な設備にも高額投資をしているために、どうしても治療費がかかってしまうのです。 しかし、高額医療費として税金の控除対象となりますから、治療にかかった費用の領収書などは必ず保管しておきましょう。